引越しの準備

引っ越しの有給取得を徹底解説【何日?非常識?】

更新日:

引っ越しをするために会社の有給を使っても大丈夫?

もし有給取得するのであれば何日もらっていいの?

引っ越しの際に有給を考えている方にはいろいろと悩みが出てくるのではないでしょうか。

今回は引っ越しの有給取得について徹底解説していきたいと思います。是非参考に上手な引っ越しをしてくださいね。

引っ越しで有給取得は非常識?

「引っ越しで有給を取得するのは非常識でしょうか」という質問を良く見ます。

そもそも有給は国から与えられた権利であり、引っ越しで使おうと構いません。これは本人の自由なので引っ越しに使うからと非常識とはなりません

ただ繁忙期でご自身がいないことで会社に不利益を被る事となる場合は会社の方から非常識だと思われるかもしれませんので、気を付けたいところです。

また非常識ではありませんが、自分自身が評価を下げたくなかったり上司の目や同僚の目が気になるようでしたら少し避けたいですね。

当たり前のように我が物顔で申請をしてはいい気はされません。やはり少し低姿勢で上司に相談するのが一番いいでしょう

早めに確実に

引っ越しを理由に有給を取得することは良いのですが、注意すべき点が2点あります。

1.早めに申請する

引っ越しの日が確定したら、すぐにでも申請するようにしましょう。非常識と思われることを避けたいのであればなおさらです。

ギリギリはもちろん、二週間前でも遅いくらいですので1ヶ月は余裕を持って申請してください

また当日までに終わらせておく仕事があるのであれば、しっかり間に合わせておくまたは引き継ぎなどするようにしておきたいですね。

2.確実な取得日数を告げておく

申請を出す際には何日有給を取るのかはっきり日数を決めて告げるようにしましょう

後々日数を増やすようなことは決してないようしなくてはいけません。ご自身がどれくらい引っ越しに時間が必要か確実に把握できるように早めに計画を立ててみて下さい。

有給後はお礼を

会社の方に非常識だと思われないためにもう一つアドバイスがあります。

それはお礼を渡すことです。上司や同僚に菓子折りを持って行くとお詫びの気持ちが伝わると思います。

有給は自由に使う権利があるといっても、周りの方にはそれなりに迷惑がかかってしまうものです。

こういった心遣いは忘れないようにしたいですね。

有給は何日取ればいい?

さて有給を取るとなると次に出てくる悩みは有給を何日取って良いのかという事ですね。

この必要な日数に関してですが、これは個人差が出てくると思います。今回は3通り説明を入れながら必要な日数をご紹介しますので、参考にご自身にあったものを見つけてみてくださいね。

①最も多いのは1日

通常引っ越しのために有給を取る場合は1日ということが多いです。

これは土日などの休日を合わせて使う方法をとる方が多いためです。1日有給をとれば休日と合わせて引っ越しと荷解きが完了しますよね。

3日あれば休息の時間も確保できますので休日を使うと有給は1日で十分といえるでしょう。

ですがこの土日を使うとなると金曜日に有給をとるべきか、月曜日に取るべきか考えないといけませんね。

基本的には月曜に取ることをオススメします。理由は引っ越し後に行う手続きが休日では難しいということからです。土日に引っ越し作業を終わらせ、月曜に役所へ行くという流れが理想です。

一方金曜日に有給をとるとなると、理由が平日の方が引っ越しが安くできるからという少し伝えにくい理由となってしまいませんか?

引っ越しのために平日に有給を取る理由はこのほかは考えにくいものです。そのためもし有給をとるのであれば月曜がオススメということです。

可能であれば月曜の午前中だけなど半日休にすると一層迷惑がかからずいいかもしれませんね。できれば有給をとりたくないという方でしたらこういった方法をとってみましょう。

②体力と相談して

続いては1日以上有給を取る場合です。こちらはあまり評価的にはよくないかもしれませんね。

しかし、無理をして有給を減らし体調を崩しては元も子もありません。上記したようにできるだけ有給は確実な日数を早めに取得すべきなのですが、ご自身の体力を考えず有給を少な目に取ってしまう方がよくいらっしゃいます。

直前になって「やっぱりツラいかもしれない」と思っても変更は難しいです。あまり有給は取らないほうがいいのはいいですが、無理をしないようにしてほしいものです。

ご自身の体力のことを上司に相談して必要な日数を確保してくださいね

③有給は必要ない

もちろん有給は取らなくても構いません。ご家族が役所での手続きをしてくれるという方ですと、なおさら必要ないかもしれません。

引っ越しは1日で終わりますし、荷解きも徐々に行えば良いので実際はいらないという場合が多いかもしれませんね。

くれぐれも荷解きを完璧に済ませたいという理由で有給をとらないようにしてください。これは会社のことを考えておらず非常識と思われても仕方ありません。

手続きや体力の関係で問題なければ有給なしで引っ越しをしてしまいましょう

引っ越しで有給を取得する必要性

最後に引っ越しで有給を取得する必要があるのかどうかなのですが、正直あまりないと思います

平日に有給を取るメリットといえば、引っ越し費用が安くなるということくらいではないでしょうか。その代償に会社の人のご機嫌を伺わなければならないと考えるとメリットとも言えないかもしれませんよね。

ただ、体調のことを考えた場合は別です。引っ越し直後はストレスを感じることもあるでしょうし、疲れもそれなりに出るものです。

そういったことに不安がある方は有給の取得は必要でしょう。

ご自身の 環境と体調をよく考慮したうえで有給取得の必要性の有無を判断してみてください

そして会社のこともしっかり考えて常識ある方法をとるよう心がけてみて下さいね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-引越しの準備

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.