引越しの準備

冷蔵庫の引っ越し準備で済ませておきたい5つのこと

更新日:

引っ越しの際に手のかかるものといえば大型家電ですよね。中でも冷蔵庫は特に引っ越し準備が必要な家電です。

食品を保存するためにと思って引っ越しの当日まで放置していては大変なことになってしまうんですよ

そこで今回は冷蔵庫の引っ越し準備で済ませておきたい5つのことをご紹介します。効率よく準備が進むように順を追って説明しますね。

余裕を持って気持ちよく引っ越しができるようにしっかり知識を付けておきましょう。

①搬出・搬入方法の確認!

一番初めに搬出・搬入方法の確認をしておきましょう。

部屋から搬出するときは、搬入時と同じためわざわざサイズを測りなおす必要はないのですが、引っ越し業者に伝えておかないとドアから出せず二度手間になってしまうなど時間をロスすることになりかねません。

また新住所への搬入方法も忘れず確認しましょう。ドアから入るのか、違う場所から入れないといけないのか、エレベーターの有無など業者の方に伝えておくとさらにいいですね。

スムーズに搬出・搬入できるように方法を確認し、業者にあらかじめ伝えておくようにしましょう。

②冷蔵庫内の準備!

始めに重要なことを言いますと、この冷蔵庫内の準備は引っ越し日の2日前には終わらせておくようにしましょう。理由は②の準備を進めるためですので、後程説明しますね。

ではさっそくですが冷蔵庫の中を見てみて下さい。ぎっしり詰まってはいませんか?

冷蔵庫の引っ越し準備で一番苦労するのがここなんです。

引っ越し業者は中身があるまま冷蔵庫を運ぶことはできません。そのため冷蔵庫の中身は空にしておく必要があります。

二週間前には準備を始めよう!

早めに中身を確認し、計画的に消費していく必要があります。引っ越しの二週間前にはできるだけ買い足さず、既存の食材を使う用にしたいですね

もちろん引っ越しまでに使い切れるものや傷まないようなものであれば買い足しても大丈夫です。

ただ冷蔵庫で保管している調味料などはなかなか使い切ることはできませんよね。

こういったものは当日クーラーボックスや発泡スチロールに保冷剤を入れた物などを使い、ご自身で運ぶようにしましょう。それでも不安という場合はクール宅急便を活用すると安心ですね。

ご自身で運ぶ際には調味料の蓋部分をしっかり拭き新聞紙にくるんだりして液こぼれがないように注意してください。また瓶のような割れ物にはクッション性のあるもので巻くと安心して運べますので活用してみてください。

また食品に関してもですが、もしも冷蔵庫の中身を空にする自信がない場合はこのように傷まないよう運ぶ方法も考えておかなければいけませんね。引っ越し先があまり遠い場所でないのであれば、冷たいまま保管しておくこともできます。

くれぐれも無理のないように食材を運ぶようにしましょう。

廃棄する勇気も必要!

真冬で外に出しておいても大丈夫という時はいいのですが、外で保管は無理かもしれないという時は思い切って廃棄する必要もあります

引っ越してすぐ冷蔵庫に移すといいのでは?と思われるかもしれませんが、実は引っ越しが終わり冷蔵庫の設置が完了してもすぐに冷蔵庫に移すという事はできません

というのも冷蔵庫は運搬中の傾きや振動で中の冷却装置が不安定になっているため、30分~1時間は電源を入れるのを控えなくてはいけません。

また電源を入れた後も庫内が冷えるのを待たなくてはいけません。冬だと2,3時間で冷えますが、夏場だと10時間かかることもあります。

それを考えるとクーラーボックスや発泡スチロールでは限界があるように思えます。

ですので、もし使いきれず残ってしまった食品で傷む心配があれば勿体ないと思わず思い切って廃棄することも考えてくださいね。

製氷機能をオフにする!

忘れがちなのがこの製氷機能です。製氷機能が付いた冷蔵庫の場合は忘れずオフにしてください

製氷機能がオンのままタンクに水が残っていると、電源を抜いた際に水が途中で止まってしまい故障の原因になりかねません。

製氷し終わり、タンクが空になったタイミングで機能を停止するようにしましょう。

そして電源を抜いたら製氷皿に残っている氷も処分するようにしてください。

冷蔵庫内の清掃!

ではある程度中が空になってきたら庫内の清掃を始めましょう。

中にこぼれた液体や食品のカスなどが残っていると、運送中に腐ってしまったり菌が増殖してしまう原因となります

いつも中に物があるとなかなか掃除することはできませんよね。この機会に綺麗にしておきましょう。

冷蔵庫の中は水拭きでは菌が増殖してしまうので、洗剤や漂白剤を水で薄めたもので一度拭き、その後水拭き乾拭きをして完了です。

中の取り外し可能な部品は外して隅々まで綺麗にしておきたいですね。

全体が綺麗になったら残った食材を庫内が汚れないように保管しましょう。

②のまとめ

・冷蔵庫内の確認をし、計画的に庫内を空にする

・必要であればクーラーボックスや発泡スチロールを準備し、クール宅急便なども視野に入れておく

・製氷機能をオフにする

・冷蔵庫の中を清潔にする

・この準備は引っ越しの2日前には終わらせておく

以上が①の準備です。冷蔵庫の引っ越しの準備で一番大変な作業ですが、これが終わるとあとは楽なので頑張ってくださいね。

 ③電源を抜き霜取り作業!

冷蔵庫内の準備を2日前に終わらせる理由は、引っ越しの前日にはこの霜取り作業を行う必要があるためです

最近の冷蔵庫は霜取り機能が付いていて見た目ではほとんど霜がないと思われるかもしれませんが、この機能が付いていても完全に霜を除去することはできません

庫内にはある程度霜が残っていますし、内部の冷却装置の目に見えない部分に霜が付いています。

この霜をしっかり取り除いておかないと、運搬中に霜が溶け水浸しになっていまうのです

この霜取りは完全に終わるまで約15時間かかると言われていますので、前日には行わなければいけないということです。

霜取りの方法は?

ではやり方ですが、いたって簡単です。電源を抜き放置する、これだけです。

冷蔵庫の扉ですが、これは開けておいた方がいいですね。電源を抜くと冷蔵庫の中は結構悪臭が出てしまいます。そのため扉をすべて開け臭いがこもらないようにすることをおすすめします。

ただ電源を抜いても意外と予冷がありますので、それを利用して少しでも残ったものを入れておきたいという場合は扉を閉めておく方法もあります。しかしこれは霜取りに時間がかかってしまう上、衛生面でも良くはないのでできるだけしないようにしてくださいね。

③のまとめ

・引っ越し前日には電源を抜く

・できるだけ扉を開けて15時間程放置する

これで霜取り作業は終わりです。これをやるためにはやはり庫内を空にしておきたいですね。この作業は基本的に電源を抜くだけなので簡単です。

もし冷蔵庫を空にできなかったときのために保冷剤を沢山用意し、クーラーボックスや発泡スチロールを準備しておきましょう。

④水抜きをする!

霜が溶けた後の水ですが、内部のものは付属の蒸発皿というものに水が溜まるようになっています。冷蔵庫の種類によってことなるのですが、大きく二種類に分けられ、冷蔵庫に水受けのトレイがついているか、もしくは水受け用のタンクが内蔵されているもです

水受けのトレイは前面底部分か背面の底、もしくはモーター上に確認できると思います。このタイプは自分でトレイを取り出し水を捨てるだけで完了です。

タンクが内蔵されているものは背面に水抜き用の穴があります。穴にはプラスチック製のねじ式の蓋が付いてあるので見てみると分かると思います。このタイプの場合は冷蔵庫を傾けてそこから水を抜くようになるため、自分でやるよりも業者の方にやってもらった方がいいです。

どちらのタイプか確認して自分でできる場合はやっておきましょう。

また庫内についている霜が溶けた後の水はサッと自分で拭き取るようにしてください。見た目であまり霜を確認できない程度でしたらそこまで濡れることはありません。

霜がびっしり付いていたときは?

この場合ははトレイやタンクでは受けきれない為注意が必要です。見た目でもビッシリ霜が付いているのが分かるという場合はかなりの水が出ますので、冷蔵庫周辺や庫内にタオルを敷いておくようにしましょう。

またよく急いで霜を取りたいからとアイスピックなどを使う方もいますが、これは故障の原因になりますので、余裕を持って時間をとり自然に霜が溶けるのを待つよう注意してくださいね。

製氷皿も確認!

残った氷や製氷皿に溜まった水も忘れず捨てるようにしてください。氷が残っていればしっかりビニール袋に入れて保存用に使うのもオススメですよ。

④のまとめ

・冷蔵庫がどのタイプか確認する

・トレイ式であれば水を捨てる

・庫内に残った水滴を拭く

・製氷皿の水・氷を処分する

水抜きは必ずやっておかないと運搬中に床が水浸しになったり、他の家具が濡れてしまう可能性もありますのでしっかりやっておきましょう。業者の方に水抜きを確認してもらうと安心できますよ。

⑤最終確認!

以上が冷蔵庫の引っ越し準備で済ませておきたいことです。冷蔵庫内の食品を空にすることが終われば後は簡単ではないでしょうか。

引っ越し業者に搬出・搬入方法を伝え、二日前には冷蔵庫を空にし、前日には早い時間から電源を抜く、そして完全に霜取りができたら引っ越し業者が来るまでに水抜きをする、という流れです。

作業としては少ないですが、どれも丁寧に行わないといけない作業ですね。

一通り終わっても最終確認は怠らないようにしましょう。食材は残っていないか、汚れは綺麗に取れているか、水分が残っていないか、もう一度確認してみてください

これで冷蔵庫の引っ越し準備は完了です。いろいろとやることがあって大変かもしれませんが、気持ちよく引っ越しが済むように丁寧に作業してくださいね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-引越しの準備

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.