引越しの準備

犬や猫等のペットと引っ越し!ストレスを軽減する方法は?

更新日:

などペットと一緒に暮らしている場合、飼い主が引っ越しをする際にはペットも一緒に引っ越す必要があります。しかし、ペットにとって引っ越しとは、ただ単に見知らぬ場所へ連れて行かれるだけのこと。不安やストレスが人間以上にかかってしまうのです。

そこで今回は、大切なペットのストレスを軽減するために、引っ越しで気をつけたいことをまとめてみました!

ペットと引っ越し!ストレスを軽減する方法は?

犬や猫などのペットとの引っ越し。ストレスを少しでも和らげるために飼い主ができることを引っ越しの時系列で並べてみました。是非、参考にしてくださいね。

引っ越し準備~引っ越し当日

引っ越しが近くなると家の中でも段ボールが山積みになり、家族総出で忙しく立ち働くことになりますよね。忙しさにまぎれて、ついついペットのことは後回し・・ということも少なくないかと思います。

しかし、犬や猫などのペットは非常に賢く、家の中の雰囲気などを敏感に察知しますから、引っ越し前の慌ただしさを、何だかいつもと違う・・と感じ、日頃はしない粗相をしたり、落ち着きがなくなってしまったり、脱走したりすることも!

ペットのストレスを緩和するためにも、できれば梱包の終わった荷物はペットが過ごす部屋ではないところに集め、脱走を防ぐために窓やドアを閉めながら作業するようにしたいものです。

また、引っ越しの準備で忙しいのはわかるのですが、ストレスを軽減するためにはスキンシップを十分に取り、大丈夫だよとよく声をかけあげるなどの配慮も必要だと思います。

また、引っ越しのギリギリまで普段と同じ生活を送ることも大切。
ご飯の時間や散歩の時間、ブラッシングやスキンシップなど、急に時間が変わったり、なくなったりするとそれだけでペットは負担に感じてしまいます。できるだけ、いつもの状態で穏やかに過ごせるようにお気に入りのおもちゃや毛布、寝床、ケージなどはギリギリまで梱包しないようにしましょう。

そして、引っ越し当日ですが、この日は多くの人が出入りをするため、普段おとなしいペットでもパニックを起こしてしまうことが考えられます。

そのため、人の出入りが少ないお風呂場で待機させておく方法がおすすめです。水やケージ、寝床、お気にいりのおもちゃや毛布、トイレなどを入れて、犬や猫などが長時間過ごせるようにしてあげるといいですね。

その際、引っ越し業者が間違ってお風呂場を開けてしまわないよう、貼り紙をしておく、一声かけておくなどをするといいでしょう。

ペットを運ぶ方法

ペットと一緒に引っ越しをする際、どうやって旧居から新居へ運ぶか?ということも重要です。方法としては、

 自分の車で運ぶ
 公共の交通機関で運ぶ
 ペット専門業者に依頼する
 引っ越し業者に依頼する

の4つが考えられ、自家用車>公共の交通機関>ペット専門業者>引っ越し業者の順にかかるストレスの度合いが大きくなっていくと思います。
それぞれを詳しく見てみましょう。

自分の車で運ぶ

引っ越しの際には自分の車を旧居から新居まで運転していくという方も多いはず。
その場合は、ペットも一緒に連れて行きましょう。飼い主と一緒に、普段嗅ぎ慣れた匂いの中で移動することができるので、この方法がストレス軽減には一番だと思います。

ただし、車になれていない子車酔いする子は、気分が悪くなり吐いてしまったり、落ちつきがなくなったりすることがあるので、程度によっては、車で運んでいくのはかえって可哀想ということも。

その場合は、ペットの様子を見ながら、普段から車に慣らしておく、ペット用の酔い止めを飲ませておく、別の方法を考えるなどの手段を取る方がいいですね。

公共の交通機関で運ぶ

次に、ペットにとって楽なのは、公共の交通機関だと思います。日頃、公共の交通機関に乗り慣れているというペットは多くないと思いますが、何より飼い主がそばにいてくれるのが安心感を与えるはず。

公共の交通機関にペットを載せるには、必ず専用のペット用ケージが必要です。また、ケージに入りきらない大型の動物は運ぶことができません。

そのルールは各公共交通機関によって異なりますが、JRで言うと、ペットは「手回り品」扱いで、「小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、 長さ70cm以内で、縦・横・高さの合計が90cm程度のケースにいれたもの」、「ケースと動物を合わせた重さが10kg以内のもの」がOKとされています。値段は、1個につき280円。駅の改札口などでケージなどを見せ、切符を購入します。

飛行機の場合も同様にケージが必要で、貨物室預かりとなります。ケージのレンタルサービスがあるところもありますが、日頃使い慣れているケージの方がペットも落ち着くでしょう。

飛行機での輸送の場合は、人間同様、インターネットなどでの事前予約が必要ですので、注意しましょう!
当日は、搭乗の30分前にはカウンターへ行き、預けます。貨物室というと、エアコンは効いているのか?と心配にな人もいるでしょうが、ペットが入る貨物室は、客室と同じ温度に保たれているので安心です。

料金は、路線やペットの大きさによっても異なり、JALによれば、「健康状態が良好な、小犬、ネコ、小鳥、うさぎ、ハムスターなど」であれば、3,000円~6,000円

ただし、フレンチ・ブルドッグブルドッグパグなどの短頭種は、輸送環境の影響を非常に受けやすいため、JALをはじめとして、預かってくれないところが増えているようです。

また、ペットクレートの重量を含め32kg以上の大型ペットの場合は、貨物扱いとなり、料金も変わってきます。

ペット専門業者・引っ越し業者に依頼する

自宅の車で運ぶこと、公共の交通機関で運ぶのが困難な場合や移動させられない場合、 ペット専門業者引っ越し業者にオプションで依頼する方法があります。

ただ、引っ越し業者の全般が引き受けてくれるわけではなく、そのノウハウがないところなどには断られることも。安全なのは、やはり専門のペット業者です。

その多くは、ペットが乗せられるタクシー(ハイヤー)で、だいたい50km程度で1万円~2万円といったところ。飼い主も同乗できるところがほとんどなので、一緒に乗ってあげると安心感も増すでしょう。もちろん、飛行機も取り扱っています。

新居に着いたら

新しい家に到着したら、まずは家に慣れてもらうのが大切になってきます。ただし、人間にとっては新居でもペットには見知らぬ場所。最初は、ケージを家族などが集まるリビングなどに置き、出てくるまで待ちましょう。

その際、パニックになって隠れたり脱走したりするのが怖いので、まずは1部屋に慣れさせることから始めて。探索は本人(?)に任せ、手を出さないようにします。水やご飯などの食器、トイレ、おもちゃや毛布などをすぐにわかるところに配置するのもコツ!
1部屋に慣れたら、次の部屋へ・・と徐々に慣らしてあげるのがうまくストレスを抑える方法です。

また、お家に慣れるまでは、戸締りにも気をつけて!
知らない間に外に出てしまった、狭い所に入り込んでしまったなどのトラブルにつながりかねません。

散歩やパトロールも最初は家の周りだけから始めるなど、人の目が届く範囲にすること。慣れたらもっと遠くへと、徐々に範囲を広げることをおすすめします。

新居に慣れるまで、ペットは心細いもの。普段よりもスキンシップを取る、甘えさせてあげて安心させるなどすると、早く新しい環境へ馴染めるのではないでしょうか?

いかがでしたか?大切なペットにかかるストレスを考えると、引っ越し時にも気配りが必要ですよね!少しでも楽に引っ越しができるよう、いろいろと考えてあげてくださいね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-引越しの準備

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.