引越しの準備

引っ越しは大家さんに何日前に伝える?【トラブル回避】

更新日:

新しい家へ引っ越しが決まった場合、今住んでいる家のオーナーや大家さん、もしくは不動産会社に1日も早く連絡する必要があります。これを退去(または解約)予告といいます。

賃貸のアパートやマンションを契約する際に交わされる「賃貸契約書」には、退去する場合は〇ヶ月前に申し出ることという条項があり、借主はその契約を守らなければなりません。

そのため、自分の交わした契約の内容を把握せず、退去の旨を大家さんなどに伝えずにいると、いつまでも旧居の家賃を払い続けなければならないという羽目にもなりかねません。

また、引っ越し当日の騒音等がもとでトラブルになることも。
無用なトラブルを回避するためにも、何日前に大家さんへ連絡を入れるべきなのか?
今回は、そこのところを見ていきましょう!

住居の退去(解約)予告は何日前に告げる?

では、まず新しい引っ越し先が決まり、大家さんなどへ退去=今いる住居の解約をしたい旨を伝えるのは、どのくらい前から行うのが適当なのか、見ていきましょう。

自分の「賃貸契約書」を確認しよう

引っ越し先が見つかったら、最初に確認したいのが、退去予告の期間
これは、住居の賃貸契約時に交わす「賃貸契約書」に必ず記載があります。だいたいは、1ヶ月前というのが多いのですが、2ヶ月前3ヶ月前に予告することという契約になっていることもあります。

ですが、この1ヶ月前という期限が何なのか?ピンとこない人もいるかもしれませんね。これは、退去予告、つまり退去したいと伝えた日から1ヶ月は、住んでいようがいなかろうが家賃が発生するということなのです。

中には、退去する段になって初めて、自分の退去予告期限が2ヶ月前(もしくは3ヶ月)だった・・と知る人もいるかもしれません。1ヶ月間ならまだしも、転勤などで急に引っ越しをせざるを得ない場合、自分は住んでもいないのに延々2ヶ月や3ヶ月も家賃を払い続けたくない・・と思いますよね。

そんな時はダメもとで大家さんへ交渉をしてみましょう。契約書があるので無理!と断られたとしても、事情を話せば、もしかしたら日割りで少し割引をしてくれるなどの交渉の余地はあるかもしれません。

新居が決定したら、即連絡が鉄則!

このように、契約によって違いはあるものの、新居を決めたらすぐに大家さんへ連絡を入れ、退去予告を行うのがベスト!それが一番無駄なお金が発生せずに済みます。

予告期限が1ヶ月前なら、次月まで家賃が発生しますので、その間に引っ越しの段取りを組み、新居へ引っ越すことになります。

できれば、旧居と新居の家賃の二重払いは避けたいところですが、新居が人気物件の場合は特に、入居日から日割りの家賃を請求されることが多いですから、多少の重複はしょうがないかもしれません。

また中には、旧居と新居との家賃の二重払いを避けるために、新居の賃貸契約を結ぶ前に旧居の退去予告を大家さんなどへ告げる人もいますが、退去予告とは退去する約束のこと。

もし、新居に何らかのトラブルが発生し入居できないとなった時、旧居の解約予告をしてしまっていると戻るところもなくなってしまうのです。気をつけましょう!

引っ越し予定日はいつ告げる?

無事、退去予告を済ませたら、次は旧居の退去日新居の入居日の決定です。旧居の退去、新居の入居は共に引っ越しを伴うものですから、騒音などでトラブルになりやすいですよね。

そのため、通常は、旧居・新居共に2~3日前には、隣近所などへ予告がてら挨拶に回るほうが良いとされています。

ただ、大家さんへ退去日や入居日が決まった時点で早目に連絡を入れておくのがいいでしょう。引っ越し前はやらなければいけない手続きなども多く、つい連絡なども忘れがちになります。肝心の引っ越しの連絡がないまま退去日を迎えると、トラブルの種にもなりかねませんからね。

退去日・入居日が決まり次第、大家さんへ連絡し、隣近所へ挨拶に回る時に、挨拶品を持って改めて大家さんへご挨拶に行く!これがベストですね。

引越しが決まった今、すぐにやらないといけないこと

退去日は引っ越し日にも密に関わってくるので、引越し日が決まらないと明確な日は大家さんに伝えられません。

退去日を確定させるためにも、また、料金を少しだけ安くするためにも、あなたが今すぐにやるべきことが「引っ越し業者への料金見積もり」です。

引っ越し料金の見積もりはなるべく早いタイミングでしておかないと、

・希望の日に引っ越しができないリスクがある
・余裕を持って見積もり依頼をしないと、引越し業者の人員やトラックなどの調整負荷が上がり、値段が高くなってしまうリスクがある

という2つのデメリットがあります。いち早く退去日を確定させるためにも、希望の引越し日に引越すためにも、そして、料金をなるべく安く抑えるためにも、引越し業者への早めの見積もり依頼は不可欠です!

引越し業者への見積もり依頼で活用するべきは「引越し価格ガイド」

引越し価格ガイドとは、一括で複数の引越し業者に見積もり依頼を出すことができる無料のサービスです。また、ネット上ですぐに申し込みができるので、スピーディーに依頼もできます。

実際に見積もり依頼完了までにかかる時間はわずか1分程度です。

引越し価格ガイドを使うことによって、

①【情報取得】料金相場がわかる
②【負荷軽減】複数の業者に一括で依頼ができる
③【料金抑制】複数の業者を比較することで、安く引越しができる

という3つのメリットがある上に、無料で利用できます。これだけ多くのメリットを無料で提供してくれる引越し価格ガイドを利用せずに引越し業者を決めるのはスマートな選択とは言えません。

「知り合いに引越し業者がいて、安く引越しさせてもらえるんです!」という方は使う必要ないと思いますが、そうでないのであれば、使わないと損です。

効率良く、安く、引越しをしたい方は下記から引越し価格ガイドの公式ホームページをご覧ください。

【公式】引越し価格ガイド

-引越しの準備

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.