引越しの準備

引越しの荷造りを圧倒的に効率よく終わらせる方法!

更新日:

新居に引っ越すことはワクワクして楽しみいっぱい。

だけどその反面、引越しのための荷造りを考えると億劫になってしまいますよね。そこで今回はこの面倒な荷造りを効率よく終わらせる方法をご紹介します。

引越し当日までにスッキリ終らせちゃいましょう!

荷造りの開始日を決めよう!

なんといっても開始日を決めなければ手は進みません。

部屋の数によってどれくらい時間がかかるかは変わってくるのですが、平均的に見てみなさん約1週間かかっています。これを最低限に見てできるだけ早く取り掛かりましょう。引っ越しが決まったらすぐに手をつけてもいいんですよ。

さっそくカレンダーに荷造り開始日をチェックしてください。

必要な道具を揃えておく!

荷造りの開始日が決まったら次は必要な道具を揃えておきましょう。

段ボール

箱詰めに必ず必要ですよね。よくスーパーなどでもらってくるという方法をとる方がいるのですが、これはあまりオススメできません。

サイズがバラバラな上に一度物を梱包していたものなので強度が弱くなっています。そのため引っ越し業者から段ボールは調達するようにしましょう。

引っ越し業者から調達したものであれば、サイズが3種類ほどで揃っていますし、必要事項を記入する用紙も付属していることが多いです。この用紙はとても役立つのでオススメなんですよ。

テープ類

ガムテープや余裕があれば養生テープを用意しましょう。ガムテープはかなり消耗しますので、多めに購入しておく方がいいですね。また紙と布の二種類を購入しておくと使いわけが効きスムーズに作業が進みます。

また養生テープはガムテープのように粘着性が強くない為、あとで外しやすいと思うものに使うと便利です。例えばコンセントをまとめたり、引き出しのある家具に使用したりすると家具にテープ痕が残らなくて助かりますよ。

軍手(ゴムのすべり止めが付いたもの)

こちらもあるととても便利です。段ボールの移動や割れ物を扱う時に重宝します。

新聞紙・クッション素材

割れ物を入れる場合は必ずこういった道具を利用して、運搬中破損してしまわないように注意しましょう。また割れ物に関係なく段ボールの隙間に新聞紙を詰めることで中身がごちゃごちゃになってしまうことを防ぐことができますよ。

カッター

荷造りをしているとどうしても箱詰めが終わったものを再度開けるという場面が出てきてしまいます。そんなときはサッと開梱できるようにカッターを用意しておきましょう。

マジック

箱詰めをした段ボールに自分が分かりやすいように記入するために用意しておいてください。先程段ボールに用紙があると書きましたが、その他にも見やすいように記入しておくことをオススメします。

赤や黒など、使い分けて見やすくするために色を用意しておくと役に立ちますよ。

工具

組み立て式の家具があれば解体に役立ちます。棚など解体して持っていく方が運搬中にゆがんだりしないため、解体できる家具は解体しておきます。

いらないものは捨てる!

ではさっそく始めていきましょう。

荷造りで一番無駄になってしまう事言えば、いらないものまで箱詰めしてしまうことです。私的には荷造りを効率よく進めるためにはこの作業が最も重要と思います。

ですので、箱詰めを開始する前にいらないものを捨てていきましょう。

部屋ごとに整理する

あの部屋もこの部屋もと手をつけてしまうと、結局部屋がぐちゃぐちゃになるだけでなかなか進みません。

一部屋ずつ片づけていくことが荷造りをスムーズに終わらせる秘訣です

一番使っていない部屋から始めます。そして徐々によく使う部屋へと移って行ってください。

”いる・いらない・分からない”で分ける

まだ箱詰めの段階ではないので、とりあえずいらない物を処分する事だけを考えます。

よく部屋を整理するときに使う方法ですが、”いる・いらない・分からない”を分けた段ボールを用意します

できれば”いる”ものは種類別に段ボールを用意しておくと後で楽になりますよ。またこの時は丁寧に入れなくても適当にポンポンと入れて大丈夫です。

いらない物を捨てる作業はテキパキ行うようにしてほしいので、少しでも悩んだらとりあえず”分からない”に入れておきます。

間違いなくいらないと思うものを素早く処分していきましょう。部屋の物を引っ張り出すので懐かしい物など出てくるかもしれませんが、それを楽しむ誘惑に負けないよう頑張ってください。

棚やタンスの中身も全て空になるように分類して全て段ボールに入っている状態までもっていってください。ただ引っ越し業者がタンスの中身はそのままで大丈夫とのことでしたら、わざわざ出す必要はありませんので、業者の方に相談してみてくださいね。

では一つの部屋で分類が終わったら、もう一度”分からない”に入れた物を見てみましょう。次は”いるかいらない”ではっきり決めていきます。

正直引っ越し先でも整理はできますので、「使うか分からないけど捨てられない」というものは”いる”に分類してしまっても結構だと思います。あまり悩みすぎず分類を手早く進めてくださいね。

では完全に”いる・いらない”に分けたら、いらないに入れた処分するものを地域の指定に従って捨ててください。ゴミ捨ての日までは部屋をスッキリさせておきたいので、ベランダや玄関などに出しておきます。

これを全ての部屋で行います。

注意していただきたいのが、引っ越しまで使うというものは分類しなくていいという事です

何日も手をつけていないような場所が特にやってほしいところですね。タンスや押し入れは必ず整理しておきましょう。もちろん衣類もいらないものは捨ててくださいね。

このようにいらない物を先に処分しておくことで、次の箱詰めがかなり楽になります。

箱詰めしながら捨てるのはダメなの?

いっきに箱詰めしながらいらない物を捨てたらいいのでは?と多くの方がこの方法をしています。ですが実はこれは効率が悪いのでおすすめしません。

いる物だけを箱詰めすると、その中でも使用頻度が少ない物から順に箱詰めして行く事ができます。それを一気に部屋にある全ての物を整理しようとすると、部屋は散らかりますし箱詰めする順番も適当になってしまいます。

一度分類することで部屋にあるものに一通り目を通しているので、頭の中で箱詰めのビジョンがはっきりしてきます

また先程”分からない”に分類したものが出てきましたね。箱詰めしながらいらない物を捨てる作業をとってしまうと、本来”分からない”に分類されるはずだった物まで全て箱詰めしてしまうんです。

後で「結局いらなかったのに箱詰めしちゃった」ということになり、無駄な時間をとってしまいます。

効率よく終わらせるには丁寧な作業が一番になってきますので、あれもこれもと一気にやらないように気を付けてくださいね。

箱詰めをしよう!

では箱詰め作業です。

先に言っておきたいのですが、家電は後回しにしましょう。コンセントがあったり大きかったりするので、部屋がある程度片付いてから手をつけた方が効率よく作業がすすみます。

箱詰め作業も一部屋ずつ進めましょう。引っ越し先でもだいたい荷物を置く部屋は一緒になってくると思います。その部屋の名前を段ボールに記入しておいてくださいね。

家族がいる場合は部屋ごとに分担するともっとスムーズに進みますよ。

丁寧に箱詰めしていく

先程”いる”に分類した段ボールの中身をいったん外に出します。分類の際に適当に入れて良かったのはこの為です。

出したものを種類別におおまかに分けます。本や衣類、小物など分かりやすいように分けてみて下さい。

そして一つの段ボールが重たくなりすぎないように、使用頻度が少なそうなものから今度は丁寧に入れていきます

割れ物は新聞紙に巻いたり、プチプチのようなクッション素材を利用しましょう。

この時点でいらない物はないので、どんどん箱詰めしていってくださいね。

家電の荷造り

部屋がスッキリしてきたら家電に移りましょう。

テレビや冷蔵庫、洗濯機といった大型家電は業者の方が運んでくれるので水抜きなどを行っておけば梱包は特に必要ありません。

その他の家電の梱包をスタートしましょう。あくまでもこちらも各部屋ごとに進めてくださね

小さい家電を段ボールに詰めていきます。コンセントはしっかりまとめて養生テープなどで本体に張り付けておきます。箱の隙間に新聞紙を詰めるだけでも効果はあるのですが、不安でしたら一度タオルなどで巻き、段ボールに入れていきます。

徐々に大きい家電へと移りましょう。

引っ越しの梱包作業で多くの方が悩むのがパソコンやプリンターといったそこまで大きくはないけれど高価な家電です。

こちらは引っ越し業者の方に頼むとやってくれるところもあるのですが、追加料金も発生する場合がありますので、それを避けたい場合はご自身で梱包しましょう。

購入した時に本体が入っていた箱があればそれに梱包するのが一番いいですが、もしなければタオルやプチプチ、新聞紙を多めに使って保護するようにしてください。

業者の方はこういったものの保証はあまりしてくれないので、丁寧にあつかうようにしてくださいね

大型家電以外の梱包が終わると部屋もかなりすっきりしましたね。ではラストスパートです。

家具の整理

各部屋には棚や当日まで使うもの以外何もない状態になりましたでしょうか。

この状態になりましたら、組み立て式の家具を解体していきましょう。部屋に物がない状態にしてからこの作業をすることで、ネジなどの部品がなくなることを防げますので、後半に家具の整理はするようにしてくださいね。

解体できないような大型家具は引っ越し業者の方がそのまま運んでくれますので、そのままで大丈夫です。

解体した家具はビニール紐や養生テープなどで一つにまとめておきましょう。段ボールに入るものであれば、入れて頂いて構いません。

引っ越し当日まで使うものは?

では最後の作業に入りましょう。

引っ越し当日まで使っていたものは、引っ越し先でもすぐに使うと思われます。

そのため段ボールを分けこまめに分類する必要はなく、「すぐ使うもの」という段ボールを作り、できるだけ少ない段ボールに詰めていきましょう。ただ割れ物は別にするようにしてくださいね。

以上で引っ越しの荷造りは終わりです。

各部屋の確認!

ここまで見て頂いて、いらない物を捨てることが重要ということを理解していただけましたでしょうか。

箱詰めがかなり楽になるんですよ。

それでは各部屋を見てみてください。部屋には段ボールと家具しか残っていない状態になったでしょうか。

段ボールをリビングなど一か所に集めるという方もいらっしゃるのですが、これはオススメできません。段ボールを移動する時間ももったいないですし、残った家具を移動する際に邪魔になってしまうことが多くあります。

業者の方が集めておくよう指示をしてこないのであれば、そのままにしておきましょう。

効率よく作業するためのまとめ!

最後にまとめを見てみましょう。

・道具は揃えておく

・いらない物は捨てる(一番重要!)

・各部屋ごとに作業する

・当日まで使うものに手をつけない

以上の4点に注意して荷造りを進めると圧倒的に効率よく作業を進めることができます。

是非参考に荷造りを進めてみて下さいね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-引越しの準備

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.