引越し料金見積もり

引っ越し料金の見積もりの適切なタイミングは?

更新日:

引っ越しが決まったら見積もりを頼むわけですが、いつでもいいわけではないんですよ。

やはり適切なタイミングがあります。早すぎても遅すぎても失敗の元になってしまうのです

そこで今回は満足のいく見積もりをしてもらうためにはどのタイミングで見積もりを頼むといいのかをご紹介いたします。

できるだけ安く済ませられるようにしっかりチェックしておきましょう。

3つの絶対条件!

引っ越しの見積もりを依頼するときに必ず揃えておいてほしい条件が3つあります。 この3つが準備できていない状態での見積もり依頼は必ず失敗するので忘れずおさえておいてくださいね。

1.引っ越し日が確定していること

まずは引っ越し日を確定していることが条件です。

いつ引っ越しをするかということは引っ越し業者側にとって金額を決めるのにとても重要な情報となります。

日付によっては繁忙期であればそれだけ高くなりますし、暇な時期ですと割安になります

「たぶん○○ごろに引っ越すと思う」など曖昧にしてしまうと、業者側は真剣に取り合ってくれない可能性もあり料金にはっきりとした額が表れません。

むしろ曖昧な日にちだと、専用のトラックの確保が難しくなるため必要以上に高くなってしまうこともあり得ます

しっかり日にちを確定してから依頼するように気を付けるようにしてくださいね。

2.引っ越し先が決まっていること

次に必要な条件として引っ越し先が決まっていなければいけません

距離が未確定では料金の出しようがありませんよね。また距離だけでなく立地条件も料金の変化に関わってきます

引っ越し先がマンションやビルなどですと、エレベーターを使えるかどうかでも料金が違ってくるわけです。

見積もりを安くできるかどうかというよりも、新住所が決まっていないと見積もりを出すこと自体が難しくなります。

距離と立地条件を確定してから依頼するようにしましょう。

3.運ぶ荷物の量が決まっていること

見積もりの中でも一番重要になってくる条件ですよね。これは理解している方も多いと思われます。

持って行くものが増えたり、また反対に減る場合も損をしてしまう原因はここにあります

持って行くものが増えれば追加料金を取られることがありますし、減ると用意しておいたトラックの大きさや作業人数が無駄になってしまうためです。

荷造りをするうちに多少誤差は出てくるかと思いますが、できるだけ見積もり時と引っ越し当日の荷物の量が変わらないようにしなくてはいけません

安く納得のいく額で見積もりしてもらうためには、大体運ぶ量が決まってから見積もりしてもらうようにしてくださいね。

以上が見積もりを依頼するために必要な3つの絶対条件です。まずはこの条件が揃っていないと見積もり自体してもらえないこともあります。

できるだけ曖昧な情報は避けるようにしましょう。

早すぎても遅すぎても駄目!

では続いて上記の条件が揃ったらいつ見積もりしてもらえばいいのか見てみましょう。

結論から言うと約1ヶ月前に依頼するようにしてください。遅くても2週間前ですね

「決まったらすぐで早い方がいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが実はそうでもないんです。

あまりに早すぎると業者側も現実味がなく「1ヶ月前くらいに再度連絡をください」と言われるのがオチになってしまうこともよくあります。

また先程も言いましたように早くに見積もりしてしまうと荷物の量が変わってきますよね。荷物に大きな変化なく見積もりできる時期はやはり1ヶ月前がベストのようです

では引っ越し2週間をきってから依頼するとどうでしょう。

これは引っ越し会社が強気になり提示額を高くすることが多くなってくる時期になります。なぜかと言うと、ギリギリになっての見積もりではトラックの確保が難しくなるため他の会社でも予約が取りずらくなります。

そのためどの業者に頼んでも割高になってしまうので注意するようにしましょう。

繁忙期は要注意!

先程約1ヶ月前がベストと言ったのですが、繁忙期は例外となっています

引っ越し会社の繁忙期は3月・4月・8月・9月なのですが、この時期は早めの見積もりが必要となります。また繁忙期でなくても週末も引っ越し業者は混みあいます。

例外となる理由は上記のギリギリの予約と同じでトラックの確保が難しくなるためです。

もしも繁忙期に引っ越しを予定しているのであれば見積もりは2ヶ月前でもいいでしょう。

そしてこの時期に限っては上記の3つの条件をある程度満たしていなくても依頼していただいて構いません

できるだけ早く見積もりしてもらってくださいね。

 荷造りと見積もりのタイミング!

よく疑問に思われているのが「荷造りはどれだけしたら見積もりを依頼していいの?」ということです。

ある程度荷造りをしてから見積もりしてもらうのがいいと思っている方がいらっしゃるのですが、荷造りは見積もり後で構わないんですよ

見積もりをしてくれるのは業者のプロですので、ある程度部屋の広さや数で荷物量を算出してくれます。

ですので、全く箱詰めしていない状態で依頼しても大丈夫です。ただ押入れの中などもできれば確認してもらう方がいいので、見られても大丈夫なように片づけておくことをオススメします。

見積もりサイトを利用しよう!

引っ越しが決まったら1ヶ月前でなくても準備をしたくなりますよね。

費用のこととなると尚更念入りに調べておきたくなるものです。見積もりは費用に関わる大事なことですので、時間をかけて早めに調べておきたいということであれば見積もりサイトを利用してみましょう。

業者に直接見積もりを依頼するとなると早すぎはよくありませんが、サイトで簡単な見積もりをするのであればいつやっても構いません。

むしろこういったサイトで早めに軽く見積もりし比較しておけば、直接見積もりを頼む業者も選別しておくことができるため、後々比較が楽になります

とてもオススメなのでしっかり活用してみてくださいね。

見積もりのタイミングのまとめ!

見積もりのタイミングはいつ良いのか大体の見当は付きましたでしょうか。

最後にまとめておきましょう。

・3つの条件は満たしておこう

・通常は1ヶ月前がベスト

・繁忙期は2ヶ月前でもOK

・遅くなるのには注意しよう

・見積もりサイトを活用しよう

以上が適切なタイミングに見積もりをしてもらう条件です。

また遅いよりはやはり早めのほうがいいので余裕をもって業者の方に依頼するようにしましょう。

是非参考に上手な見積もりをしてもらってくださいね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-引越し料金見積もり

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.