引越し料金見積もり

引っ越し料金の見積もりの前に不用品は処分するべき?

更新日:

引っ越しをする際に不用になったものを処分しておく方が、荷造りは楽ですし家具を片づけるいい機会になりますよね。

ただその不用品の処分は見積もりの前にやっておくべきなのかは悩みどころだと思います。

そこで今回は引っ越し料金の見積もりの前に不用品処分をしておくべきなのかを見てみましょう。

また不用品を処分する場合の方法も併せてご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

 大型家電・家具は見積もり前が理想!

不用品の中でも、とりわけ大きいものがあると思います。例えばソファーやベッド、冷蔵庫などのような大型家電・家具です。

こういったものは見積もり前に処分しておくことをオススメします

何故かというと、見積もりをする際に「どの容量のトラックを使い、何台必要か」ということが大きなカギを握ってくるからです

処分する予定の大型家電・家具がそのまま見積もりの中に入れられてしまうと、必要以上のトラックを用意したり、運ぶ人材の確保のために金額が上がってしまいます。

トラックや人材の確保は早めにしておく必要があり、引っ越し日近くになって変更することは難しくなります

すると後から「大型家電・家具を処分したので見積もりをし直してほしい」と依頼しても、別のトラックが確保できない場合があり料金を安くすることができなくなってしまうのです。

これほど損なことはありませんよね。気を付けましょう。

またもし見積もりまでに処分できそうもないという場合は、処分する予定であることを業者の方に伝えるようにしましょう。

大きい物であれば見積もり対象から外すことでトラックのサイズダウンが見込めますので忘れないようにしたいですね。

小さな不用品は?

では衣類や日用品などの小物の部類に入るものはどうしたらいいでしょうか。

基本的に見積もりは細部まで荷物の量を数えることはないため、小さいものであれば料金に影響することはありません。

見積もり後に荷造りしながら処分していく流れで大丈夫でしょう

ただあまりに量が多いと料金が変化してくる可能性もゼロではありません。もしも不安な場合は早めに不用品の量を把握できるよう整理しておくように気をつけたいですね。

引っ越し会社によっては処分の必要なし!

見積もり前に処分しておくことは理想ではありますが、実は最近引っ越し会社によっては不用品を買い取ってくれる会社もあるんです

もちろんその引っ越し会社に引っ越しを依頼する場合に限りますが、このシステムは嬉しいですよね。

引っ越し先には持って行く予定はないけれど、引っ越し日まで使いたいという家具は意外とあるものです。

まだ使えるものやブランド品などは買い取ってもらえたり、無料で引き取ってくれることがあるので利用したい引っ越し会社にこのシステムがないか調べてみましょう。

有料になることもあるので注意しよう

不用品を買い取ってくれるしステムを導入した会社もあるのですが、いろいろと条件もあったり引き取れないものもあります

物によっては有料になる場合もあります。特に冷蔵庫や洗濯機など通常有料となるものは無料で引き取ってもらうのは難しいかもしれません。

不用品回収に料金がかかっても構わないけれど、当日まで利用したいという方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

あらかじめ引っ越し会社に伝えておく

もし利用する場合はしっかり引っ越し会社の方に伝えるようにしましょう。見積もりの時に依頼するのがいいですね。

伝え忘れて当日引き取ってもらうように言っても、引き取ってもらえない、あるいは買い取り可能なものでも有料になる場合もあります。

せっかくのシステムですので無駄のないように気を付けたいですね。

 処分方法は?

ではご自身で処分する場合はどう処分したらいいのか見てみましょう。

処分方法はいろいろあり、時間の余裕やお財布と相談したうえでご自身に合った処分方法を選んでみてくださいね。

・リサイクルショップ

その中でも人気なのがリサイクルショップを利用する方法です。持って行けばすぐに引き取ってくれるため、引っ越しまでにあまり時間がない場合でも利用することができます。

処分にお金がかかるような大型家電なども無料で引き取ってもらえたり、まだ使える状態だと収入になることもあります。

是非リサイクルショップを利用してみましょう。

・ネットオークション・フリーマーケット

リサイクルショップの次にオススメなのがこちらです。売れるかどうか、いつ売れるのかが確実ではないので、かなり時間に余裕がある場合でないと難しいかもしれません。

ただリサイクルショップよりも高値で売れることもあるので、リサイクルショップに持って行く前にこういった場を活用してみるのもいいですね。

・友人、知人に相談する

売れそうになかったり、有料で引き取りということになってしまった時は、友人や知人に相談してみましょう。

収入には繋がらないかもしれませんが、無料でもらえるとなると意外と欲しいと言ってくれる方もいます。

有料で捨てたり引き取りを頼むよりも、もらってくれる方がいらっしゃるのであればその方がいいですよね

捨ててしまう前に一度もらってくれる人がいないか探してみましょう。

・無料回収を見逃さないように

大型家電のような通常有料のものでも、無料で回収してくれる業者があります。

ですがこれはいつでも頼めるというわけではありません。タイミングよくチラシなどが入っていれば、それを見逃さないように利用したいところですね。

引っ越しが決まったらこういったサービスを見逃さないようにチェックするようにしてみてください

・自治体の定期回収・ゴミ処理会社を利用する

上記の方法で処分できなかった場合はやはり有料になってしまいますが定期回収やゴミ処理会社に依頼するようにしましょう。

回収してもらうのに予約などがいりますので、計画的に処分できるようにしたいですね

またゴミ処理会社は会社によって金額が変わることがあります。そのため、何社か相談して料金を比較してみるようにしてください。

 場合によって臨機応変に!

いかがでしたでしょうか。以上が引っ越しの際の不用品の処分についてのまとめでした。

不用品は見積もり前に処分をしておいた方が、確実に料金を安くできるのは確かです

しかし利用する引っ越し会社によっては買い取りしてくれることもありますので、場合によっては手間を省くことができ料金も抑えることができるんですね。

ご自身の不用品の種類や量、引っ越し会社のサービスを確認し、是非こちらを参考にしてみてくださいね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-引越し料金見積もり

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.