引越しの準備

家具や家電を引っ越しをきっかけに処分する6つの方法

更新日:

引っ越しの際に出るのが不要になった家具や家電。そのままゴミに出せる程の小さな物から、どうやって処分すればいいか困る・・というような大きな物まで、引っ越し準備で忙しい中、処分方法をあれこれ考えなくてはいけないのは、なかなか大変ですよね!

そこで今回は、皆さんのお役にたつよう、引っ越しをきっかけに不要になった家電や家具を処分する方法6つご紹介していきます。何かの参考にしてくださいね!

引っ越しをきっかけに家電や家具を処分する6つの方法

引っ越しをきっかけに手放したい家具や家電。処分するには、6つの方法が考えられますが、中でも一番手間のかからない、簡単な方法から順にご紹介していきましょう。

引っ越し会社の不用品引取りサービスを活用する

不要になった家具や家電を処分するのに、一番楽で手間がかからないのが、引っ越し会社の不用品引取りサービスを活用すること。

これなら、「引っ越しの際に不用品を処分したい」と伝えておくだけで済みますし、引っ越し当日まで使用できる上に、自分で運んだり処分したりする手間も省くことができます。

しかも、今はサカイ引越センターなど、引っ越し会社が不用品の買い取りを行ってくれるというサービスが増えつつあるのです。比較的新しい家具や家電なら、処分するどころか、逆にちょっとしたお金になることもあるというのですから、お得ですよね!

ただし、デメリットも!引っ越し会社の不用品引取りサービスは会社ごとで内容が違い、無料で引き取ってくれるところと、廃棄する場合は別途処分料が必要になるところとがあるのです。

ご自分の利用する引っ越し会社が行う不用品引取りサービスはどんなものなのか?
そこのところは、よく確認しておく必要があります。

知り合いに格安、もしくは無料で譲る

続いて、ご紹介するのが知り合いに譲るという方法。自分にはいらなくなった物でも他の人から見たらお宝・・ということもあるかもしれません。

特に、大きな家具や家電は処分するのにも費用がかかるもの。ちょっとしたお金にしかならなかったり、タダで譲ったりすることになったとしても、処分する費用を考えれば御の字では?

ただ、引っ越し業者のサービスを利用するのとは違って、知り合いに譲る場合は、自分の家から知り合いの家まで家具や家電をどうにかして運ばなくてはならないというデメリットもあります。

粗大ゴミに出す

続いては、粗大ゴミに出すという方法。自治体によって、申し込みの仕方や1回に出せる粗大ごみの量などルールが違ってくるため、事前によく調べておくことが重要ですね。

ちなみに私が住んでいる所では、月1回の粗大ゴミ収集日に、5点まで出すことができます。申し込みは、電話インターネット。品目によって必要な金額が決められているので、その料金を調べ、「粗大ごみ処理券」を取り扱う販売所(スーパー、コンビニ、郵便局など)で券を買い、粗大ゴミに貼り付けてゴミ捨て場に出すようになっています。

また、ごみ処理センターへ直接粗大ごみを持ち込めるケースもあります。直接持ち込む場合、少し処理代が安くなることが多いようなので、興味がある方はご自分の地域の処理方法を調べてみて下さいね。

ただし、「家電リサイクル法」に指定されている、エアコン・テレビ・洗濯機/乾燥機・冷蔵庫/冷凍庫の4品目+パソコンは、粗大ごみとして出すことが出来ませんので注意しましょう!

詳しくは、「引っ越しの時の大型家電(冷蔵庫・テレビ・エアコン)の処分方法」の記事などをご覧ください!

不用品回収業者に依頼する

よくチラシなども入るので、皆さんご存知でしょうが、不用品回収業者に依頼して処分してもらうというのも方法の1つです。

その場合、買い取りもしてくれる場合と、処分料のみが取られる場合があるので、事前に見積もりを取るのがおすすめです。できれば複数社の見積もりを取って、高く買い取ってくれる、もしくは処分料が安い業者を選ぶのが賢いやり方です。

ただ、不用品回収業者の中には不用品などを引き取るだけ引き取って、その後、不法投棄するような悪質な業者もいます。このような行為はれっきとした犯罪であり、知らなかったとはいえ、犯罪の片棒を担ぐことになってもいけません。

このような業者を見分けるには、あらかじめ「一般廃棄物収集運搬業の許可」や「市町村の委託がなされている会社」であるかどうかをしっかりと確認することが大事です!

リサイクルショップを利用する

人気のある家具や、新しい家電などは、リサイクルショップを利用すれば思わぬ金額になることもあります。ただ、年季の入ったものや壊れて使えないもの、人気がないものなどは引き取ってもらえないことも多々あるとか。気をつけましょう!

張り切って持ち込んだのはいいけれど、買い取れないと言われ、泣く泣く持ち帰る、もしくは逆に処分料を要求されるということもあります。

まずは、持ち込みを考えているリサイクルショップに電話などで問い合わせるか、無料査定に来てもらうのが二度手間にならず、安全です。

ネットオークション・SNSを利用する

最後にご紹介するのが、ネットを介して処分する方法です。
ネットオークションにかける、またはSNSなどでで「不用品を売ります・あげます」のようなコミュニティを探すなどすれば、自分の知り合いにはいなくても、「欲しい!」と言ってくれる人を見つけるチャンスは格段に増えます。

ただし、ネットオークションは初めての人にはなかなか段取りなどが難しいというのが難点ですね。また、SNSを介した場合でも同様ですが、売れるまで時間がかかってしまうというのもデメリットに数えられるかもしれません。

引っ越しまで時間の余裕がある・・という人に向いていると方法だと思います。

いかがでしたか?引っ越しをきっかけに不要になった家電や家具を処分する6つの方法をご紹介しました。各方法とも、しっかりと事前に調べておけば処分の費用を安く抑えられることもあるようですね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-引越しの準備

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.