引越しの準備

アパート・マンション引っ越しで壁に傷・汚れ!影響と対処は?

更新日:

アパートやマンションなど賃貸物件を引っ越す時に気になるのが、壁の傷!特別汚くしている訳でもなく、普通に気をつけながら生活していても多少の汚れや傷はついてしまいがちですよね。

ですが、この壁の傷、もしかした退去の際に問題になるのでは・・?敷金が全く戻ってこなかったり、修繕費用を請求されたりするのかも・・?など、不安になる方も多いかもしれません。

そこで今回は、引っ越しでアパート・マンションなどを退去する際、壁に傷がある場合の影響と対処について考えていこうと思います。

アパートやマンションなどの「原状復帰義務」とは?

アパートやマンションなどの賃貸物件の場合、引っ越しで退去する際には「原状復帰義務」といって、入居前の状態に戻す必要があることがほとんどです。賃貸契約書にも明記されているはずです。

しかし、長く住んでいればいるほど、家は古くなりますし、汚れなどもついていくもの。それを入居前の状態にしろって言われても絶対無理・・と諦めてしまう人も多いかもしれません。

ですが、この場合の「原状復帰義務」というのは、何も入居前のピカピカな状態に戻せというわけではないのです。これは勘違いしている人も多いのですが、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」でルールを明確化しており、そこには

「原状回復を『賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること』と定義し、その費用は賃借人負担」

とあります。つまり、経年変化や通常の使用による損傷や摩耗で発生した修繕費用は、賃料に含まれ、借り主が負担する必要がないということなのです。

壁の傷や汚れ、どんなものならOK?NG?

では、借り主側が負担する必要のない「経年変化や通常の使用による損傷や摩耗」とは、いったいどの程度がOKで、どのくらいになるとNGなのでしょう?

負担しなくていい壁の傷や汚れの例

一般に、修繕費を負担しなくていいとされているのは、こちらのようなケース。

・日焼けなどによる壁紙の変色
・壁に貼ったポスターや絵画などの跡
・画鋲やピンなどによる壁の穴
・TVや冷蔵庫を置いていた後ろの壁の黒ずみ・汚れ
・エアコンを設置した際の壁の穴
・通常のハウスクリーニングで落ちる程度の汚れ
・小さな傷・凹み

普通に暮らしていてつきそうな傷や汚れに関しては、修繕の義務はなし!
万が一、退去の立ち会いの際などに修繕の必要があるなどと指摘されたら、きっぱりと否定しましょう。しかし、借り主の不注意などで作った傷や汚れ、例えばタバコのヤニなどで壁が汚れてしまった場合は修繕費用を請求されるようです。

修繕費用を請求される壁の傷や汚れの例

・タバコのヤニ汚れ
・釘穴・ネジ穴などによる壁の穴
・台所のひどい油汚れ
・壁紙などの大きな破れ・傷・凹み
・除去できないペットなどの臭い

壁の穴は画鋲やピンなどによる小さなものであれば問題になりませんが、釘穴やネジ穴など目立つ穴NG!修繕費用負担の対象になることが多いようですので注意しましょう!

壁に傷がある時の対処の仕方とは?

このように小さな傷や汚れ、退色などでは「原状回復義務」の対象にはならず、修繕費用を負担する必要はありません。

通常、退去の際には借り主と、オーナーや不動産会社の立ち会いのもとで、各部屋の点検が行われます。その際に、気になる壁の傷や汚れがあるようなら、「修繕する必要がありますか?」と率直に聞いてみましょう。

また、何も言われないようでしたら、こちらから「何も修繕を負担する箇所はないと考えていていいですね?」と確認するのも一つの手です。

ただし、壁に大きな傷や汚れがあって指摘された場合は、やはり敷金からその費用が引かれるのは仕方ないでしょう。

どうしても納得できない時は?

退去時には何も言われなかったのに、敷金から修繕費が引かれていた
修繕の費用に納得がいかない

このような時は、まずはオーナーや不動産会社へ直接問い合わせること!電話でもメールでも構いません。そして、相手側の言い分を聞き、納得できるようなら支払い、納得できないようなら話し合うことが大切です。

しかし、話し合いがうまくいかない時や難しい時、こじれてしまう時もあるかもしれません。そんな場合は、敷金返還請求の内容証明郵便を送って支払いを請求する、もしくは少額訴訟を起こす方法があります。

敷金返還請求の内容証明郵便とは、郵便局が内容を証明してくれるという郵便で、大事な書類や訴状などを送付するときに使用します。この場合は敷金返還請求の書類がそれに当たります。

これに、「賃貸借契約締結と敷金差し入れの事実」「賃貸借契約の終了と敷金返還額の見積書の送付」「借り主が負担すべき費用」「借り主が請求する金額」の詳細を、1枚につき520字以内(1行20字以内・1枚26行以内)で書き、郵便局から「内容証明郵便」として送ります。料金は、合計で1,200円~2,000円程度かかるようです。

少額訴訟の場合は、60万円以下の金銭の請求に限られる訴訟のことで、訴状を出してから1~2カ月後に審理原則1回で判決が出るため、早期に敷金を取り戻すことが可能です。また、費用も10万円以下の訴訟なら印紙代が1,000円、郵券代が3,000~5,000円程度と、一人でも簡単に安く利用することができるのが特徴。敷金回収の相場は満額の8~10割と言われているそうです。

少額訴訟の敷金返還請求の書式や記載例は、裁判所のHPからダウンロードもできます。必要のある方は、こちらからどうぞ。

裁判所HP 敷金返還請求
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/syosiki_02_04/index.html

いかがでしたか?引っ越しでアパート・マンションなどを退去する際、壁に傷がある場合の影響と対処についてご紹介してきました。

壁の傷などは、引っ越しの際に業者につけられることもあると聞きますので、しっかりとした引っ越し業者をいくつか比較しながら選ぶことも大事かもしれません。

【無料】引越し料金がいくらかかるか調べよう

引越しをするにあたって一番気になるのってやっぱり「引越し業者の料金」ですよね。

そんな「引越し料金が気になる!」というあなたの味方が無料で複数業者に一括見積もりを依頼できる「引越し価格ガイド」です。

ネット上ですぐに申し込みができるので、スピーディーに依頼もできます。

実際に見積もり依頼完了までにかかる時間はわずか1分程度です。

引越し価格ガイドを使うことによって、

①料金相場がわかる

②複数の業者に一括で依頼ができる

③複数の業者を比較することで、安く引越しができる

という3つのメリットがある上に、無料で利用できます。これだけ多くのメリットを無料で提供してくれる引越し価格ガイドを利用せずに引越し業者を決めるのはスマートな選択とは言えません。

「知り合いに引越し業者がいて、安く引越しさせてもらえるんです!」という方は使う必要ないと思いますが、そうでないのであれば、使わないと損ですよー。

引越し料金を調べる(無料)

-引越しの準備

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.