一人暮らし

一人暮らしの初期費用を計算!【引越し検討中の方必見】

更新日:

一人暮らしがしたい!と思いたった時、何にどのくらいの費用が必要なのか?そこを把握することがまずは大事になってきますよね。

そこで今回は、一人暮らしを始めるにあたって、誰しもが必要な初期費用についてお届けしていこうと思います!一人暮らしを始めるための引っ越し費用の相場についてもご紹介しますので、引っ越しを検討中の方も必見ですよ!

一人暮らしをスタートするのに必要なのは?

実家などから出て、一人暮らしをスタートする時に必要なのは、住居費生活用品費引っ越し費用の3つ。

中でも一番お金がかかるのが、住居費。親や身内がマンションを所有していて・・という恵まれた環境にいない限り、ほとんどの方の場合、住居費=賃貸物件を借りるお金ということになるため、結構な金額になります。

それでは、これら必要な3つの費用について、詳しく見ていきましょう。

住居=賃貸物件にかかる費用

不動産情報サービスで有名な『at home』が2013年に、北海道/東北エリア・首都圏エリア・中部エリア・近畿エリア・九州エリアの全国5つのエリアで一人暮らしをしている18~29歳の学生・社会人男女を対象に行った調査によると、学生の平均家賃59,000円社会人63,300円とのこと。

この調査結果をもとに、一人暮らしをする人の住居=賃貸物件にかかる初期費用を計算してみましょう!

学生の一人暮らしにかかるのは?

進学をきっかけに一人暮らしを始めるというのは珍しくないケースですよね。そんな場合、どのくらいの住居費が初期費用として出ていくのかというのを、学生の全国平均家賃:59,000円で計算してみると・・

・敷金・礼金:家賃の各2ヶ月分(合計4ヶ月分)
・仲介手数料:家賃の1ヶ月分
・前払い家賃:家賃の1ヶ月分
・火災保険料など:1万~2万円

合計:364,000円~374,000円

という結果になります。学生さんであれば、37万円ほど・・というところでしょうか?これに、女の子の住まいであれば、用心のため玄関の鍵なども交換しておきたいと考える親御さんも多いと思われます。そうすると、+1万円ほどのUPが考えられますね。

社会人の一人暮らしにかかるのは?

続いては社会人の一人暮らしにかかる住居の初期費用について。同じく『at home』の社会人の全国平均家賃:63,300円で計算してみましょう。

・敷金・礼金:家賃の各2ヶ月分(合計4ヶ月分)
・仲介手数料:家賃の1ヶ月分
・前払い家賃:家賃の1ヶ月分
・火災保険料など:1万~2万円

合計:389,800円~399,800円

社会人の住居の初期費用は、ざっと40万円ほど。学生さんもそうですが、やはり住居にかかる費用がかなりかかることがわかりますね。

ちなみに、近頃では敷金や礼金、仲介手数料がかからない物件も増えてきているそうです。中でも、礼金は文字通り、オーナーや大家さんに払うお礼の?お金だと言われており、住居費の節約を狙うなら、礼金がかからない物件を選ぶのがおすすめ!

また、仲介手数料についても、物件の契約を仲介してくれた業者へ払うお金ですから、ある程度、値段交渉に応じてくれることがあるのだとか。やってみて損はありません。

ただし、敷金に関しては、退去時の部屋の修繕などに利用されるお金ですので、「敷金ゼロ」という物件は、退去時にクリーニング代や修繕費を別に請求されることがあります。また、トラブルになりやすいという声も多いので、「敷金ゼロで安いから!」と安易に飛びつくのは考えものかもしれません。

生活用品を揃える費用

続いては、生活していく上で必要な生活用品費の初期費用について。
一人暮らしに必要な最低限のものを新品で最も安い値段で揃えていくと、以下のような計算になります。ちなみに、*印は2016年2月2日現在、ヨドバシのオンラインショップで検索した最安値です。

 ・冷蔵庫106L:25,000円 *25,110円
 ・電子レンジ:6,000円 *5,910円
 ・炊飯器:7,000円 *7,160円
 ・洗濯機:26,000円 *25,840円
 ・スティッククリーナー(掃除機):4,000円 *3,290円
 ・テレビ:18,000円 *17,550円
 ・シーリングライト(照明器具):5,000円 *5,160円
 ・寝具・カーテン・調理器具・食器・バス/トイレ用品など:50,000円

 合計:141,000円

メーカーにこだわらず、最安値で揃えても家電だけで91,000円かかり、そこにお布団やカーテン、お茶碗やお箸、フランパン、鍋、包丁、シャンプーやバスグッズ・・などなど必要な小物類を揃えるのにプラス5万円はかかると思います。

よって、生活用品費の初期費用は合計して、14万円ほどかかってしまうということになりますね。

引っ越し費用

一人暮らしをするのには、どんなに近くても引っ越しが必要になります。自宅から歩いていける距離で荷物は全て家族だけで運ぶというようなレアケース以外、引っ越し業者などに頼むのが一般的。

その場合、初めての一人暮らしということで「荷物が少ない・単身者」として考えてみると、「引っ越しの相場!費用を近距離~遠距離で調査!」記事にも詳しく書いていますが、その相場金額は・・

 ・同一市内 15km以内:2万~4万円
 ・同一府県内 50km以内:3万~6万円
 ・同一地方内 200km以内:2万~5万円
 ・近隣地方 500km以内:3万~6万円
 ・遠距離地方 500km以上:4万~6万円

といった感じに。引っ越す先の距離にもよりますが、2万~6万円といったところのようですね。1つの目安にしてみて下さい!

初期費用の合計は?!

それでは、今まで算出してみた初期費用の合計金額を計算してみましょう!

学生の一人暮らしの場合
 住居費/37万円+生活用品費/14万円+引っ越し費用/2万~6万円
 合計:53万~57万円

社会人の一人暮らしの場合
 住居費/40万円+生活用品費/14万円+引っ越し費用/2万~6万円
 合計:56万~60万円

学生さんだと53万~57万円社会人だと56万~60万円ほどかかってしまうようです。やはりかなりのお値段になりましたね!

ダントツにかかるのは、住居費!ついで、生活用品費となっています。こちらは、新品のものを揃えた金額になっていますが、先輩や友人に譲ってもらったり、リサイクルショップなどを利用したりするとさらに節約が図れるでしょう。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-一人暮らし

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.