未分類

【具体的】福岡と東京の間の単身引越し料金・費用

更新日:

福岡⇔東京間の距離は、約1070km。車ですと、約1095km。時間にして、およそ13時間かかると言われています。

この距離は、全国各地の引越しの中でも、かなりの長距離に分類され、「単身」とはいえ、引越し代金もそれなりの金額になるでしょう。

そこで今回は、全国各地の引越し相場・徹底検証シリーズ企画のうち、「単身」「福岡⇔東京間」についてお届けしたいと思います。

気になる平均相場金額から、引越しを安く抑える方法まで盛りだくさん!是非、ご注目ください!

とにかく自分の場合の引越し料金が少しでも早く知りたい方

結局引越し料金は、人それぞれです。それは、荷物の量も違えば、厳密な引越し区間も違うためです。なので、一番正確に具体的に自分の場合の引越し料金が知りたければ、自分の条件を入力して、見積もりをもらうしかありません。(見積もりをもらうだけなら無料ですし。)

参考として、記事で具体的な料金を解説していますが、あなたの場合の引越し料金がすぐにでも知りたい方はこちらから無料で見積もり申し込みをしてみてくださいね。

引越し価格ガイドで引越し料金を調べる(無料)

ズバリ!いくら?
単身の福岡⇔東京間の引越し!

1000km以上ある「福岡⇔東京間」の引越し。距離があるだけに、「単身でも、かなり高くなってしまうのでは?」と心配ですよね?

しかし、「引越しになるべく無駄な費用をかけたくない」と思うのは、誰しも同じ。

そのためにも「単身の福岡⇔東京間の引越し」の平均相場金額がいくらぐらいになるのか?ということをしっかり確認しておきましょう!

実際言われている相場金額は?

まずは、世の中のいろいろな商品やモノの値段を比較できる人気サイト『価格.com』のデータから見てみることにします。

これによると、「福岡⇔東京間の引越し」は「500km以上・遠距離地方」に分類され、「単身」の引越しの平均価格は

・通常期:平均53,992~69,739円

・繁忙期:平均63,046~78,242円

となっています。『価格.com』のデータ上では、5,4~7,7万円程度ということになりそうですね。

また、様々なまとめサイトや口コミ、体験談などからも「単身」「福岡⇔東京間の引越し」の条件で相場金額を拾ってみました。すると、

・5~15万円程度

・5~22万円

・5~10万円 *通常期

・7~17万円 *繁忙期

・4~8万円 *荷物少なめ

・5,5~10万円 荷物多め

といったデータが集まりました。どうでしょう?数字的には似通っているところもありますが、下は4万円から、上は22万円までと大きな差があることが分かると思います。

では何故、このような金額差が生まれるのでしょうか?

引越しの料金差を生むのは?!

実は、引越しの料金の差を生むのは、「距離」「時期」「荷物の量」という3点です。

この場合、「距離」は「福岡⇔東京間」と決まっていますが、当然、距離がより遠い所への引越しになればなるほどかかる費用も高くなる計算です。

また、「時期」も注意が必要!一般に、全国で引越しが多く行われる「2~4月」を引越し業界では「繁忙期」と呼び、引越しが殺到する「かきいれどき」と考えています。

しかし同時に、引越し客に不自由しない、引越しに費やす人出を確保するのにも苦労するなどの理由から、この「繁忙期」の引越しは2~4月以外の「通常期」と比べると業者も強気に出て、値段もぐっとお高くなります

上の引越しデータでも「通常期:5~10万円」となっていたものが「繁忙期」には「7~17万円」に!実に、2~7万円ほどの金額がUPしているということになりますよね。

また、同じ「引越しが集中しがち」という理由で「土・日・祝日」も料金はお高め

そのため、引越しにかかる費用をなるべく安く抑えたいという方は、値引き交渉なども通りやすいと言われる「通常期」の「平日」に行うのがいいでしょう。

また、「単身」といえども「荷物の量」は人によって違います。少ない方もいれば多い方もいます。しかし、「荷物の量」によって使用する人手やトラックなどに差が出るとしたら、それはそのまま料金に直結する結果となります。

上のデータでも「荷物少なめ」が「4~8万円」なのに対し、「多め」では「5,5~10万円」となっており、1,5~2万円の差が見られます。

引越し料金を安くしたい!という方は、「減らせる荷物がないか?」もう一度チェックしてみることですね。

平均相場金額を出してみよう!

ではいよいよ、上に集めた「単身」「福岡⇔東京間の引越し」の相場金額データから、その平均値を算出してみましょう。

各データの金額にはばらつきが見られますが、それらを揃えて平均を取れば、より具体的な相場金額を導き出すことができるはずです。

『価格.com』のデータも含めて、最低金額と最高金額の平均を計算し、「単身」「福岡⇔東京間の引越し」の相場を探ってみることにしましょう。

すると、算出結果は

・最低平均金額:約5,4万円

・最高平均金額:約12,1万円

となりました。

つまり、「単身・福岡⇔東京間の引越しの平均相場」はだいたい5~12万円程度だと考えることができるようです。

荷物が少なめの方は単身パックもおすすめ!

福岡⇔東京間の引越しをする単身の方で「荷物が少なめ」の方には「単身パック」という定額制の引越しパックもおすすめです。

「単身パック」というのは、その名の通り「単身の引越し」に特化したサービスで、コンテナ1つにつき○○○円といった定額料金になっているのが特徴です。

料金がコンテナごとで決まっているため、明確で分かりやすいと人気があり、コンテナ1つに収まるくらい「荷物が少なめ」であれば、他の業者よりも安くすませられることも多いとか!

コンテナをいくつも使うような引越しだと、かえって高くつく計算になりがちですが、荷物がコンテナ1つで納まるという方にはおすすめできます。

「単身パック」は大手他、たくさんの業者で取り扱いがありますが、人気があるのは「ヤマトホームコンビニエンス」「日本通運」「赤帽」などです。

中でも「日本通運」の「単身パック」には、S・L・Xがありますが、荷物が少し多めの方が対象となる「単身パックX」ですと「福岡⇔東京間の引越し」は75,000円!

他の単身パックには入らない自転車や大型家具(ベッド・ソファ)なども入る容量で、配達時間の指定もできます。

引越し業者の見積もりを取る際には、これら「単身パック」も一案として考えていただきたいですね。

【裏技】これを知らないと引越し料金が倍になって、損するかも?

少し過激なキャッチーな見出しですみません。でも、これは事実なんです。

”10万円で引越しをしたのに、同じ条件のAさんは5万円で引越しをしていた。”
↑こんな思いしたくないですよね?

10万円で引越しをした人と、5万円で引越しをしたAさんの違いは、ある裏技を知っていたかどうか、だけです。

早速その裏技を紹介したいのですが、この裏技は引越し業界にいた方や、引越しに慣れている人にとっては「当たり前」の方法なので、もし、あなたがそうであれば、読んでもあまり意味がないかもしれません。

「どんな方法だろう?」もし、あなたがここまで読んでもこう思っている場合は、意味ありまくりなので、最後まで見てくださいね!

【1分でできる+無料】引越し価格ガイドを使って、損をしない引越しを。

答えはこれでだけです。「引越し価格ガイド」を使う。

「引越し価格ガイド」とは、1分の情報入力だけで、複数の引越し業者に一括で料金見積もりを依頼できるサービスです。しかも、無料です。

複数の業者に1回の申し込みで見積もり依頼ができるので、楽に料金の比較ができます。さらに、業者側の立場になってみると、「比較される!」と思うわけですから、”比較される前提の価格”を提示してくれます。

その結果、引越し料金が最大50%も安くなることもあります。

1分の入力で、料金を最大50%抑えられるなら、実践してみない理由はないですよね。有料ならまだしも、無料なので。

使ってみて「失敗した!」と思っても、無料です。

基本的には、引越しの日程が近づけば近づく程、料金が高くなるリスクが高まるので、早めの見積もり依頼がおすすめです。

引越し価格ガイドで見積もり依頼をする(無料)

-未分類

Copyright© 引越し見積もりと準備をサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.